葬儀の価格は高すぎる

年を取ってくるとどうしても避けられないのが身内が亡くなることです。そして亡くなるとしなければならないのがお葬式ですがどうにも価格が高い気がします。人を集め各所に手配をしておまけに痛い出費となる葬式は開かない家庭も増えているとき聞きます。自分はあまり葬式は開きたくはありません。時間もかかってしまうしこれなかった人には罪悪感を植え付けてしまうような気がします。しかし、自分が参加してみるとその人の亡骸を見る最後の機会なのでなんとも言えない気持ちになってきます。きっとそれはその人に対する感謝の気持ちであり別れの悲しさのはずです。なので葬儀は親に対する最後の親孝行だと考えて価格などはあまりきにせず最後の別れを集まった方たちと一緒に笑顔で見送れるのであればとても安いです。自分の時もそうあってほしいです。

葬儀の価格について知っておきたいポイント

大切な人との最後の別れである葬儀に力を入れたいと考える人は多いです。しかし一度にかかる費用が高額なこともあり、なんとか価格を押さえたいと考えるのもまた当然のことです。その際次のような方法を活用することで、一度にかかる負担を抑えることが可能です。まず挙げられるのが複数の業者に見積り依頼を行う方法です。生前のうちからどのような形で挙げたいかを家族間で打ち合わせをしておき、見積もりを行った後に業者を選ぶようにすることで、予算や内容が希望する条件に近い葬儀を挙げることができます。次に挙げられるのが毎月の積立を行う方法です。こちらを活用することで、亡くなられた際に一度に高額な費用がかかることを抑えることができます。ただし業者によっては行っていない場合もあるため注意が必要です。上記の方法を使い分け、大きな価格負担のリスクを避けることをお勧めします。

葬儀にかかる価格が高い理由

人が亡くなれば必ずお葬式というものを行います。それは宗教的な意味なども込められますが、なんといっても残された親族や知人や友人などが最後のお別れをするためという意味なども強いです。そんなお葬式ですが、イメージとしてやはり費用が高いと感じる人が多いです。たしかに結婚式と同じようにお葬式は平均して200万前後といわれているので、安いものではありません。ではなぜそれだけかかってしまうのかですが、まず通夜と告別式という2回行われることに大きく関係していることが挙げられます。お葬式の会場をレンタルするには最低2日は必要になります。また祭壇やお料理だいなど様々なものに費用がかかるため必然的に葬儀代として価格が高くなってしまうということになるからです。ですが、最後の故人とのお別れになるのであまり価格にこだわらずに式を挙げたいという考えもあるようです。