葬儀価格もアウトレット

先日目を疑う広告を見つけました。それは「葬儀もアウトレットで」と言う見出しがついていました。確かに葬儀費用はばかになりませんし費用もそれなりにかかります。しかし葬儀をアウトレットとは・・・ちょっと抵抗を感じてしまいました。内容ですが、1500ユーロ(欧州在住です)です。見積もり、セレモニー、出棺まですべてお任せしてこの価格です。この不況で日々生活するのがやっとで貯蓄をする余裕がない家庭が多いそうです。葬儀は故人のためではなく、残された家族のためのものだと言う考え方をすれば、なるべく葬儀にお金をかからないと言うのは合理的な考えかもしれません。このアウトレット葬儀、問い合わせはかなりの数になるそうです。実際の体験談はまだ耳に入ってはきません。この不況が長引くようならさらにニーズは高まってくるでしょうし、さらなるプラスダウンもあり得ます。日本でもアウトレット葬儀が流行る時代がくるかもしれません。

葬儀の価格について考える

葬儀の価格は、上を言えばきりがありません。しかし、最近では、パック料金の設定がありますので、安心して葬儀をすることができると感じます。事前に、葬儀の際の確認事項も、確認できますし、実際に、葬儀になった際には、困ったことがないように、葬儀会社の方が教えてくれます。葬儀は、頻繁に行うものではないですし、価格自体もわからないことが多いですが、わからないことは、葬儀会社で聞くことができるので、安心できます。パック料金の場合には、オプションで必要なものは、つけることができますし、選ぶことも可能なので、あらかじめ、調べておくのも最善策です。葬儀の場合には、葬儀の料金は、死者の口座は、凍結されているため、簡単に引き出しができません。死後には、難しい事象があるため、料金を確認しておくと、お金の用意が事前にでき、安心できます。

後悔しないために把握しておきたい葬儀の価格

葬儀の価格はなにかと話題になりますが、かかる費用は様々なものがあります。お通夜、告別式、火葬など葬儀社に支払うものが大半ですが、その他参列された方への接待費や寺院へのお布施などもあります。よく言われるのはお葬式にはお金がかかるということですが、ただ価格だけを比較するわけにもいかないのが難しいところです。あくまで亡くなった方の生前の意志や家族の希望を考慮に入れて無理をしない予算の範囲で執り行うことが大切です。最近では家族葬や火葬だけを行う直葬など低予算でできるプランも多くあるのでお金がかかるとひとことで決めつけることはできません。幅広い選択肢があるという理解のもとで、事前に様々なことを考えて決めることは難しいですが、後で後悔しないためにもある程度までは価格をきちんと把握しておくことで、後悔しない心のこもった葬儀を営むことができます。