葬儀の価格を考えてみて

亡くなったら葬儀をあげるのは遺された家族の義務です。でも、費用がかかりすぎて葬儀後、トラブルになったこともあります。事前に見積もりを取っていても葬儀後、見積もりよりも高い金額を請求されて困ったということもあります。結局、価格ってどの程度なんでしょう。それに葬儀か終わっても法事とかで亡くなった人にはお金がかかってくるからです。最近では業者のホームページで価格が表示されています。なので、費用が立て易くなったわけです。しかも、内容もきちんと掲載されているので便利です。とはいうものの、故人のことを考えたら葬儀にお金をかけたい気持ちもよく判ります。ただ、価格で選んでもどうかなと考える時もあるわけです。でも、金額に関係なく大切なのは故人のことを一番に考えてあげることです。いくら、お金をかけたって心のこもっていない葬儀はしないほうがいいでしょう。

葬儀の価格は、100人呼んでも何十万円

葬儀の価格は、内容によって大きく変わってきます。葬儀と火葬は、絶対にしないといけないと言う訳では無いですが、してあげないと成仏出来ませんので、火葬だけしかやらない家族も多いですが、家族だけの少人数でも人生最後の儀式を行ってあげるのは、家族として、最後にやってあげれる事として、とても大切な事になってきます。因みに火葬式のみで家族だけの5人までの人数が出席するとして、価格は、12万円からの金額になります。これも他の葬儀場では、もっと安かったりするので、必ず他の金額と比較して安い方で行う事をオススメします。通夜から告別式まで行う式で、100人で行う場合の金額は、一番安くても40万円位からになります。昔は、何百万円が平均でしたので、とても安くなりました。いくら最後の儀式と言っても、結婚式もそうですが、数時間で何百万円は、高すぎます。良い時代になりました。

無宗教の葬儀価格はどのくらいか

近年では家族葬や自由葬が広まってきました。仏教徒でもないのに僧侶にお経を読んでもらうスタイルに疑問を持つ方が増えたのでしょう。宗教性を持たない葬儀を無宗教葬といって、自由葬のひとつに含まれます。どのように故人を偲び、見送るのかは自由にプランニングできます。演奏者を招いての音楽葬や、映像を流す葬儀等が多いですが、希望のプランによってかかる金額が変わってくるでしょう。参列者の人数や会場の規模によっても違ってきます。まずは、予算を考えてから数社以上に見積もりを依頼しましょう。最低価格は10万円台からできます。但し、自由葬は周りの親族に理解されなかったり、お墓に納骨できないといった心配がありますので気を付けて下さい。また、宗教葬では法要や追悼式を葬儀の後に催しますが、自由葬はその決まりもないので、予め考えていたほうがいいかもしれません。